口腔、顎、顔面、またその隣接組織に現れる先天性や後天性の疾患を口腔外科というのは扱っている診療科です。
歯が原因となってちょっとした疾患を発生してしまっている時や、歯の癌まで治療を行なっているクリニックです。

 

食事や発音、また会話が上手に出来ないなどの機能的な障害だけではなく口腔領域の異常というのは、審美的な障害も起こります。
これらが改善することによって、顔全体に若返り効果があり、実年齢よりも若いお肌を作ることが出来るのです。
顎変形症、唾液腺疾患などや交通事故やスポーツなどといった外傷は外科的疾患だけではありません。
よく知られている症状としましては、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などといった疾患も治療ができます。

医療レーザー脱毛の優良サイト
http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛

コンビニ後払いは当サイトへ
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/
コンビニ後払い、今すぐ

携帯買取についてのサイト
http://mobi-ecolife.com/
携帯買取ならこちら



健康的な美しさを実現出来る整形の一つである口腔外科ブログ:19-11-15

最近、盛んに言われている「食育」。

食育って、
これからの娘達にとってとてもよい事だとは思うのですが、
ふ〜む…本来「食べる」ことって
すごくシンプルな事なんじゃないかしら?と
思ってしまいます。

それこそ、
戦争中などは「食べる事=生きる事」だったわけで、
食べられるものは、
何でも口にして「生きていく」事に必死だった時代ですよね。

それが段々、
豊かな食材と溢れ返るごちそうに囲まれるのが当たり前になって、
口を開けば何か必ず入ってくる…という毎日。

今の日本で、
「生きるために食べる」という意識を持って
食べる事をする人って何人いるのでしょう?

生まれたばかりの赤ちゃんは、
本能的に「これを飲まなきゃ死ぬのだ!」と、
母のおっぱいにむしゃぶりつきますよね。
そんなシンプルなところから「食」がスタートするわけです。

ところが、
そうやってみんな成長したはずなのに、
7時ごはんを食べずに学校に行ったり、
塾通いで忙しいせいで家庭で夕食を食べることがない…という
娘達が多いのだそうです。

学校に行き、塾でクタクタに頭を使い、
家でをごはん食べない(食べることができない)、
そんな娘達が実に多いこの現実…
僕は悲しくて仕方ありません。

本来、食べる事をしてると
自然に「楽しい」顔になるはずだと思うんですよね。

素晴らしい食材を使った豪華な食べる事でなくても、
自然に笑顔が出てくるような雰囲気がおかずとしてあれば、
たとえおかずがフリカケだけだったとしても満足できるのではないでしょうか?

このページの先頭へ戻る